loading

報道される


報道される 掲載される

『朝日新聞』(2013.06.18)/入試の数学難しすぎ?

『朝日新聞』(2013.06.18)/入試の数学難しすぎ?

 公立高校入試の数学問題が難しすぎるのではないかと、17日の県議会一般質問で取り上げられた。学力低下が叫ばれる中、ちょうどいい難易度とは…。

 県教委によると、今年の数学平均点は、42.4点で全教科の平均(55.1点)を下回り最低だった。前年も36.5点と県の予想(50点)に届かず、最も高い国語の平均点と20点以上もの開きがあった。
 浅野目義英議員(民主)は「正答率0.4%という問題もある。受験生が手も足も出ない問題は公立高入試としてふさわしいのか」と問いだたした。
 これに対し、前島富雄教育長は「数学の解答はすべて記述を求め、深く思考してほしいというメッセージと込めている。平均点は昨年より上がっており、中学校での指導が浸透してきた結果だ」と答弁。一方、上田清司県知事は「選抜試験とはいえ、中学生の日々の努力が報われる問題であるべきだ。意義のあるご指摘で、(県教委)事務局にしっかり対応するように伝える」と答えた。
 公立高入試について、学校現場には、「合計点が5教科200点から500点に引き上げられた2010年度の入試改革から全教科、とりわけ数学の難易度が顕者になった」という声がある。埼玉高教組は「難問ばかりだと、白紙回答が増え、正確な学力が測れない」として平易化を求めている。
 これに対し、「(入試改革で)自校作成問題ができなくなり、応用問題を課すことで真の学力をみたいという思いはある」と明かす進学校の進路担当教諭も。
数学の問題について、進学塾「栄光ゼミナール」の横田保美公報室長はこう見る。「関数と図形に重きを置く歯応えのある問題。ただ解くには一定の練習量が必要で、中学の授業時間内でこなすのは容易ではない」
 長野県では昨年の公立校数学入試で過去最低の平均点を記録。試験場で泣き出したり体調を崩したりする生徒が続出し、県教祖が抗議する事態が起きた。

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ