loading

報道される


報道される 掲載される

『埼玉新聞』(2011.01)/県、功績の顕彰検討 「旅立ちの日に」作詞 秩父の小嶋さん

『埼玉新聞』(2011.01)/県、功績の顕彰検討 「旅立ちの日に」作詞 秩父の小嶋さん

 県は28日、卒業式で広く歌われている「旅立ちの日に」を作詞した元秩父市立影森中学校校長の
故・小嶋登さん(秩父市出身)の功績を顕彰する考えがあることを明らかにした。
 浅野目義英県議(民主党・無所属の会)の一般質問に対し、上田清司知事が答えた。

浅野目県議は「『旅立ちの日に』が、全国の中学校の音楽教科書に掲載されている」と強調。
「県内、全国の中学生がこの歌を学んでいる。卒業式で一番歌われている。
秩父市は『ふるさと文化賞』を贈り、政府も陛下の名で『従六位・瑞宝双光章』を贈ることを決めた。
県や県教委に、顕彰する動きがないのは残念」と述べた。

 上田清司知事は「どういう形で顕彰したらいいか。しっかり検討した上で、しかるべき顕彰なり表彰なりをしたいと思っている」と答えた。
「旅立ちの日に」は20年前、同中学校で誕生した。
同校で音楽教諭を務めていた高橋(旧姓坂本)浩美さんから
「3年間一緒に頑張った卒業生に世界に一つしかない歌を贈りたい。歌詞をつくってほしい」と依頼されたのがきっかけ。
後輩たちに歌い継がれ、全国に広がった。
 小嶋さんと高橋さんは2008年、埼玉新聞社制定の埼玉文化賞(社会文化部門)を受賞している。
小嶋さんは今年1月20日、急性心筋梗塞のため、80歳で亡くなった。

県政報告会 & 初冬の会

日時:平成29年11月22日(水)
    18:30~20:45
場所:浦和ロイヤルパインズホテル4階ロイヤルクラウン
PDF(申込書)をダウンロードする

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ