loading

報道される


報道される 掲載される

『読売新聞』(1996.07.05)/衆院選6区 自民・浅野目氏、社民・深田氏 方針固め、候補出そろう

『読売新聞』(1996.07.05)/衆院選6区 自民・浅野目氏、社民・深田氏 方針固め、候補出そろう

 次期衆院選の埼玉六区(上尾、桶川市など)で、上尾市議会議長の浅野目義英氏(三八)が四日、自民党公認で立候補する意向を固め近く同党に公認申請する。
 一方、社民党県連合(瀬谷英行代表)も同選挙区で深田肇・前参院議員(六四)を擁立する方針を固め、十五日にも同県連合常任幹事会で正式に決定する。
 六区では、新進党の現職若松謙維(四〇)、共産党の新人高村雅子(四九)の両氏が立候補を表明しており、自民、新進、社民、共産の各党の候補予定者が出そろった。
 六区では、自民からの出馬を表明し準備を進めていた藤木孝男氏が今年一月、出馬を取りやめたため、同党県連が、新たな候補予定者を模索していた。
 浅野目氏は八三年、上尾市議に初当選し現在四期目。今年一月から同市議会議長。
 一方、社民党県連合は、すでに深田氏の擁立方針を明らかにしており、選挙区について県連合内で調整を進めてきた。
 深田氏の住居のある浦和市を含む一区か同党の選挙地盤が比較的強い六区が候補に上がっていたが、連立与党としての立場から、自民現職の候補予定者がいない六区での出馬を決めたと見られる。
 深田氏は、党中央執行委員などを歴任し、現在、党組織局長。八九年の参院選で九十七万票を集め初当選したが、昨年七月の参院選で落選していた。

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ