loading

報道される


報道される 掲載される

『日本経済新聞』(1987.01.01)/突っ走る新人類 不思議の国動かす

『日本経済新聞』(1987.01.01)/突っ走る新人類 不思議の国動かす

「小学生の時にジョン・F・ケネディや田中正造の話を教科書で読んで政治家になりたいと思ったんです」

それから十年余り。大学を卒業して被選挙権ができた二十五歳の年に浅野目さんは上尾市議選に出馬。
周囲の大人たちから猛反対されたが、地場、看板(肩書き)、カバン(資金)がモノをいう選挙戦で
「地元上尾高校出身をほとんど唯一の頼りに、千八百九十四票獲得して当選した。

着慣れない三つぞろいの背広に身を包んで出席した市議会は浅野目さんにとって一種の不思議の国だった。

冠婚葬祭への出席要請がやたらに多い。
議会活動の基本である一般質問に決して立とうとしない議員、
高齢すぎて一人で起立できない議員、年に八回もある「行政視察」・・・・・。

といってこうした大人たちのやり方をいきなりすべて否定しようというわけではない。

「私が議員をやっている意味は、彼らとは感性や価値観が違う人間がいるということを気づかせることだと思うんです」

浅野目さんが議会で取り上げた、古い坂や道の名称の復活が来年、市政三十周年の記念事業として実現する。
役所側はプロだから手ごわいが、熱意をもって説得すれば、動かせるというのが実感だ。

「まじめにやればわりと面白いクリエイティブな仕事だと思いますよ。なんでみんなもっと出てこないのかなあ」(あさのめ・よしひで)

県政報告会 & 初冬の会

日時:平成29年11月22日(水)
    18:30~20:45
場所:浦和ロイヤルパインズホテル4階ロイヤルクラウン
PDF(申込書)をダウンロードする

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ