loading

投書・投稿


投書・投稿

『桜ん坊』<山形県人会>(1999.02・40才)/板谷峠 母の命を一目見ん

『桜ん坊』<山形県人会>(1999.02・40才)/板谷峠 母の命を一目見ん

山形から上京していた歌人斉藤茂吉は、母の死を目前にし

『みちのくの 母の命を一目みん 一目みんとぞ ただに急げる』

と歌い山形に急ぎ帰っていった。

旧国鉄最大の難所板谷峠を戻ったに違いない。
崖の中を突き進むこの峠が、山形内陸地方と外界を結ぶ唯一の鉄路だ。
私はよくこの峠のことを考える。

厳しい傾斜で細く長く続く板谷峠から、
一体何人もの人が、どんな気持ちで都市へ出ていったのだろうかと。

岩から流れ出る清水のように、山形人は板谷峠から細く広がっていった。
雪深く貧しい地から様々な理由で故郷を後にしながら。

「調子のいいヤツは好かない。不利になろうが自ら決めたことは必ずやり抜く。
 妥協せずにコツコツ仕事をし生きていく」

山形人はこんは風に評される。当たり前のことだ。
横綱柏戸も、写真家土門拳も、教育者無着成恭も、作家井上ひさしも、歌手岸洋子も、
みんな壮絶な意思を持ち、都市へ出ていったのだ。

たった一人でこの厳しい崖の板谷峠から。

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ