loading

投書・投稿


投書・投稿

『朝日新聞』(2001.12.25・43才)/シズエさんに命の尊さ学ぶ

『朝日新聞』(2001.12.25・43才)/シズエさんに命の尊さ学ぶ

15年前、長男が780㌘で出生した。明日の命も知れない超未熟児だった。
ある雑誌に「どんなことがあっても生きて欲しい」と、涙をこらえながら随筆を書いた。

加藤シヅエさんから「読みました」とすぐにお手紙をいただいた。

「今世界に50億(当時)の人口が存在するそうです。
 しかし、それが尊い一つ一つ命ある人間として考えと結びつかないように思えます。
 尊い命を健やかにお育てください」と書かれてあった。

この真理の詰まったお手紙に、当時いったいどれくらい励まされたことだろうか。

産児調節運動は、同時にかけがえのない命を必死にはぐくむ運動であったことを教えてくれていた。
強い意志で、険しい道を幾多も切り開いてきた女性運動のパイオニアは、104歳で天界に旅立たれた。

手紙の内容を思い起こし、その偉業に熱い拍手を送りたい。
長男は来春、高校生になる。背丈は、私に至らんとしている。

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ