loading

投書・投稿


投書・投稿

『朝日新聞』(1979.08.16・21才)/おばあさんをもう泣かすな

『朝日新聞』(1979.08.16・21才)/おばあさんをもう泣かすな 『朝日新聞』(1979.08.16・21才)/おばあさんをもう泣かすな 2

本誌の園山俊二氏の四コママンガ「ぺえすけ」に、僕はふっと笑わされ、はっと胸を突かれ涙を流した。

一コマ目。おばあさんが縁側でペエスケに「これが火消し道具」と、
柄の長いほうきのようなものをみせる。

二コマ目。「これが防空ずきん」とかぶってみせながら、
おばあさんは、戦争中の用具の説明を続ける。

三コマ目。「これが戦死した息子の」とおばあさんは、海軍少年兵の帽子をもってやってくる。

四コマ目。それをペエスケの頭にのせるや、おばあさんは泣き崩れるのである。
おじいさんがやってきていう。「だから、あのころの物は、ひっぱり出すなって言ったろうが」━。

いまは、ビルが立ち並んだし、車も多くなった。すべての面で、この国は大きく変容した。
けれど、あの戦争で、なによりも大切な多くの人を失った。
全国に何十万といるペエスケのおばあさんたちは、胸を痛くして、今年の夏を迎えたに違いない。
自衛隊員は十八万人にもなった。青森ナイキ基地、機雷敷設飛行隊など、
今年に入ってからの防衛庁の計画はすさまじい。

おばあさんが涙を流す大切だった人々の死は、果たしてムダだったのだろうか。
終戦三十四年目。ペエスケのおばあさんを、もう泣かせてはいけない。
せめて五コマ目では、帽子を取り出して「息子よ、この国は平和になったよ」━そういわせてみたい。

県政報告会 & 初冬の会

日時:平成29年11月22日(水)
    18:30~20:45
場所:浦和ロイヤルパインズホテル4階ロイヤルクラウン
PDF(申込書)をダウンロードする

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ