loading

投書・投稿


投書・投稿

『地方自治職員研修』(1984.11・26才)/「弁当くらい自分でつくれ」という意見も

『地方自治職員研修』(1984.11・26才)/「弁当くらい自分でつくれ」という意見も

「共働きで給食がでないと手がかかる。といのうは口実である。

親なら寝ないでも、弁当をつくってやるべきではないか。
こういうお母さんのために、厳しい財政から中学校給食をやるというのであれば、
実施優先度は最低だ。私一人でも反対する。
中学一年生になったら自分の弁当ぐらい自分でつくれ、といいたい」

上尾市議会九月定例会での《市政に対する一般質問》では、中学校給食をめぐり、
「早く実施を」と迫る給食推進派議員と、「当分困難である」と言い切る市当局との応酬があり、
そのなかで友光恒上尾市長は厳しくこう答弁した。

「埼玉県内三十九市中、中学校給食がないのは、上尾市を含めて三市だけ。
 調査によれば当市の父母の七〇%、生徒の四九%、教師の50%が実施に賛成との結果が出ている。
 散在する他の様々な市民投票に比べ、かなりまとまった意思表示であるといえよう。
 中学校給食完全実施という市民の要求に対して、昭和四十七年に検討委員会が設置され同会では給食はセンター方式で実施する」との答申を出した。

さらに、昭和五十五年には議会に市民一二八三名からなる陳述書が出され、
議員全員の賛成をみたという経過がある。

「こういった一連の盛り上がりから十年以上。なぜ実施をしないのか。当分とはいつまでなのか」
といった質問が続くなか「当分とは当分であります」と答弁をし、
歯切れの悪いことの否めなさを印象づけた市当局であるが、
背景には、市長の強い信念があるとみる関係者が多い。

「親が子に弁当をつくる。もしくは子が自分でつくる。
 こういった教育の重要な一環をなぜ行政が肩代わりしなければならないのか」

この市長の信念が、市民要求とどうバランスをとっていくのか。今後も注目されるところである。

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ