loading

投書・投稿


投書・投稿

『世界と議会』<尾崎行雄記念財団>(1987.07・29才)/小さな命

『世界と議会』<尾崎行雄記念財団>(1987.07・29才)/小さな命

早朝の清潔な風が吹いていた。

私と妻は、車で五分ばかりの産婦人科医院の前に立っていた。
ここにやって来るまでの車中、妻はずっと前かがみであった。
朝の五時、果たして出てきてくれるであろうかという不安があったが、
ブザーを押すと、看護婦はすぐにドアを開けてくれた。

「昨夜から腹痛が断続的に襲ってきます」と妻は苦しげに話した。
医師は「もう子宮口が開いてしまっており、産まれてしまう」と私に話した。

「大丈夫でしょうか」
「わからない、できるだけやってみます」

かつて、高校の時の教師や、親友の母親が、映画のスローモーションのように緩やかに、
私に話してくれた流産という言葉が、突然頭の中をぐるぐる回った。

まだ在胎二五週で、出生予定日より百日も早いわが子の誕生が近づいていた。
何もかもが混乱している頭の中で、極めて小さい子が生まれるという事実は冷徹に認識できた。
お願いだから、お願いだからと、私は心の中で唱え続けた。
鼻血が出る時のつんとした苦しみが口の奥に広がり、心音が高まり、胸が確実に苦しくなっていった。

県立小児医療センターから、救急車に保育器を載せ、二人のドクターが駆け付け待機してくれた。
慌しいなかの九月二十四日朝七時三分、たった一声だけ甲高い産声をあげ、
ドストエフスキーが「人生は苦痛であり人生は恐怖である」と言ったこの世にわが子は生まれてきた。
僅か七八〇gの男の子だった。

この子の運命と言うには余りに過酷すぎる小さい命を、
何とか生かそうと、スタッフみんなが全ての努力をしてくれた。
呼吸器をつけ、高酸素濃度の保育器の中に入れられて、
わが子はピーポーピーポーの電子音を街中に響かせる車に乗せられ、
あっと言う間に小児医療センターに運ばれていった。

大きな病院の中で、多分私は走っていた。
三階の未熟児新生児科集中治療室へは、なぜか迷うことなく着くことができた。
保育器に横たえられた私の子は呼吸を荒くし、苦しみを顔に刻み込んでいた。
「肺が未熟なので肺へ直接チューブで酸素を送っている。鼻からのチューブではミルクを送っている。
黄疸が強いので光線を当てている。このように小さく生まれてしまった赤ちゃんは、
多くの脳室内出血がみられるが調べていきたい」青年担当医はざっとこんなことを言った。

何故こんな風になってしまったのだろうなどと思う時には、
鉄路を跨ぐ陸橋の上から遠くを眺めたり、雑然とした夜の街を徘徊すれば、
大抵のカタが付いたが、今度は絶対難しいように思えた。

意思の強そうな担当医は、慎重に言葉を選択しつつ、
かつ噛み砕きながら私に子の症状を説明してくれた。
助かるのかと、それだけが大声で聞きたかったが、
「宜しくお願いします」としか私はいうことができなかった。

退院してきた妻と私は、毎日子供を見にいった。
「出生体重一五〇〇g未満を極小未熟児と言い、一〇〇〇g未満を超未熟児と言う。
肺や中枢神経系等各臓器の機能が極めて未熟なため、特に後者となるとその発育・発達の予後は満足できない」
これが二人の持つ知識であった。どの本屋の書棚から育児書を取り出しても、
殆ど助からないという表現がページを支配していた。

出生十一日目には六〇五gに迄減少してしまった。
足は大人の指の太さしかなく、頭は頭蓋骨そのままとなり、
相変わらず呼吸は苦しげであった。
保育器にへばりつき、その苦しみを代わってやりたいと何度思ったことであろうか。

「知人の産婦人科医は『将来の見込みもなく、自分の子なら私は助けない』と言っていました。
先生、一体望みはあるのでしょうか」私は口ごもりながら担当医に質問した。
彼は明瞭とした声で「その医者の考えは間違っています」と言った。
妻と私はその時、この医師の全人格と信念しか、既に信じていいものはないと思った。

四十三日目の十一月六日、やっと一〇〇〇gに到達した。
以後毎日約二〇gずつ増え、妻と私を喜ばせた。
体が僅かずつ大きくなるにつれ、肺も力をつけていった。
保育器の中の酸素濃度も徐々に下げられ、それはまた保育器から出ることの近いことも示していたが、
遂に十二月十六日、保育器から出ることができた。

十二月十一日に二〇〇〇gを超え、翌年一月七日に三〇〇〇gを超え、
二月四日には四〇〇〇gを超えるなど、猛スピードで体重が増加していった。
しかしその間も、医師の予知の通り確認された脳室内出血には、
腰椎穿刺が繰り返し施されて髄液が抜かれていたし、
網膜症には、光凝固・冷凍窒素手術が熱心に行われていた。
積極的な検査と治療は休むことなく続けられた。
その度に、子は苦悶をし、また大きく元気になっていった。

前の日は風が強く吹いた。

百五十三日目の二月二十三日、退院をした。
この日のやって来ることは夢のようだった。

卒業式のように看護婦や医師たちの笑顔に見送られ、病院に別れを告げた。
手際のよい地域医療システムの組織化のお陰で、また、有能で情熱ある人々のお陰で、
私の子は生をかろうじて手に入れることができたという感謝を、生涯忘れることはあるまいと思った。

体重七八〇g、身長三三cm、胸囲十八・七cm、鼻と口に細かいチューブを挿入され、
目隠しをされ、手・足・頭に点滴の針を刺され、虫の息の子を見つめた時、
これでもかというほどに胸が締めつけられたこと、
ひたすら祈っていたのは、目が見えてくれ、耳よ聞えてくれ、体よ動いてくれでなはく、
『生きてくれ、頑張ってくれ』であったことも思い起こしていた。

なかった命を得ることのできた子として、自らのために手段を選ばぬといった人には決してならぬ、
正義に充ちた献身的な人となるよう育てようと、妻と話しながら、代わり番こにわが子を抱いた。

県政報告会 & 初冬の会

日時:平成29年11月22日(水)
    18:30~20:45
場所:浦和ロイヤルパインズホテル4階ロイヤルクラウン
PDF(申込書)をダウンロードする

あさのめ活動日記「四年間。」

あさのめ活動日記「四年間」。

浅野目義英 著

初当選からほぼ毎日記した政治活動報告、日々感じたこと、思いなどをまとめ発刊しました。

お問い合わせはこちら
受付TEL:048-883-6560

選挙スタッフ・選挙ボランティア募集

浅野目義英の活動は、ボランティアの皆さんによって支えられています。政治のボランティアは初めて、という方でもご参加いただけます。
例えば次のような活動をボランティアの皆さんにお願いしています。お気軽にあさのめ事務所までお問い合わせください。

■ボランティア活動内容の一例

  • 浅野目義英のポスターを貼る。
  • 浅野目義英の掲示板(90cm×90cm)
  • レポートのポスティング
  • 郵便物発送作業など事務所内のお手伝い
  • カンパ
  • ミニ集会の開催(ご自宅等)

あさのめ事務所
TEL:048(883)6560 FAX:048(881)0527

スタッフ・ボランティアに関するお問い合わせ